パナソニック共同プロジェクト「Slush Tokyo 2019」出展のお知らせ

パナソニック株式会社アプライアンス社からのご支援を受け、2018年秋学期に開講された「事業創造実践(技術シーズ)」に関する情報が公開されました。

 

パナソニック株式会社 アプライアンス社と慶應義塾大学 琴坂将広研究会(※1)は、共同プロジェクトで考案した新規事業アイディアのプロトタイプを、2019年2月22日(金)、23日(土)に東京ビッグサイトで開催されるスタートアップとテクノロジーの祭典「Slush Tokyo 2019」(※2)のGame Changer Catapult(以下、ゲームチェンジャー・カタパルト)ブースで展示します。

ゲームチェンジャー・カタパルトは、家電事業を担当するアプラインアンス社において、新規事業の創出とそれをリードする人材の育成および風土改革を目的とした、社内イノベーションアクセラレーター活動です。このたび、アプラインアンス社で事業化を目指している食、健康、教育、エンターテインメントの4つのテーマについて、慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(以下、SFC)で琴坂将広准教授の講義を受講する、高い専門性と多様性を併せ持つ学生40名を交え、2018年9月から2019年2月までの6カ月間、新規事業アイディアの創出に取り組みました。

詳細記事へ

 

※1:慶應義塾大学 琴坂将広研究会について
琴坂将広准教授は、国際経営と経営戦略を専門としており、実務と研究を組み合わせた調査研究、社会貢献活動に取り組んでいます。琴坂将広研究会は、琴坂将広准教授のもとで、International Business & Entrepreneurship Research (IBER) をキーワードに、国際経営とアントレプレナーシップの結節点を戦略の観点から広く研究しています。

※2:「Slush Tokyo 2019」について
「Slush」(スラッシュ)は世界中から起業家、投資家、学生などが集まる世界最大級のスタートアップイベント。2008年に北欧フィンランド・ヘルシンキで始まり、現在はシンガポール、上海などグローバルに拡大。東京での開催は今回で5回目。

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©IBER-KOTOSAKA

Log in with your credentials

Forgot your details?